2018新型フォレスター

【C型対応】新型フォレスターのメーカーオプション全内容と管理人おすすめはコレ!

新型フォレスターメーカ―オプションの全リストとおすすめはコレ!

新型フォレスターのメーカーオプションってめっちゃ悩みますよね。

今回は、新型フォレスターのメーカーオプションの全内容と、管理人おすすめのメーカーオプションを紹介したいと思います。

この記事は、例えばこんな人におすすめです。

  • 新型フォレスターのメーカーオプションにそもそも何があるのか理解していない人
  • 何を選んだら良いか分からないという人

上記に当てはまる人はぜひチェックしてみてください。

ライオンくん
ライオンくん
値引きが期待できるのはメーカーオプション?それともディーラーオプション?
ウサギさん
ウサギさん
断トツでディーラーオプション!

2020/10/27追記:

C型フォレスターがリリースされましたね!

本記事もC型フォレスターに対応すべく一新しました。

Contents

【基本の理解】メーカーオプションはグレードによって標準装備や選択できるものが違う

【基本の理解】メーカ―オプションはグレードによって選択の幅が違う

まず、これからメーカーオプションを選定するにあたり、基本として下記三点を理解しておくと良いでしょう。

  • メーカーオプションは、グレードによって標準装備が異なる
  • メーカーオプションは、オプション内容によっては付けたくても付けられないグレードがある
  • メーカーオプションは、納車後は後付けできない

特に、納車後は後付けできないことは覚えておきましょう。

そのため、メーカーオプション選びは非常に重要なのです。

新型フォレスターのメーカーオプションの全内容は8項目!

新型フォレスターのメーカーオプションは全部で8つです。

各オプション内容ごとに、グレード別の装着可否についてまとめてみました。

凡例
・◎:標準装備(はじめから付いてる)
・△:オプション(別料金で付けられる)
・×:装着不可(付けようがない)

X-Bre Tour SPORT Adv
1 キーレスアクセス&プッシュスタート
2 8ウェイパワーシート等
3 パワーリアゲート
4 大型サンルーフ ×
5 本革シート※1 × × ×
6 アイサイト(運転支援)
7 アイサイト(視界拡張)
8 ルーフレール
9 ステアリングヒーター&シートヒーター(後席左右)

※1…本革シートの色は、黒とブラウンから選択可能。

表の見方は簡単です。

例えば、「No.5 本革シート」を見ると、X-Breakとツーリング、SPORTでは装着不可。アドバンスではオプションで装着可ということになります。

それでは各メーカーオプションの詳細を一つずつ見ていきましょう!

管理人の独断で3段階評価を付けてみたのでそちらも参考にしてみてください。

1.キーレスアクセス&プッシュスタート

新型フォレスターキーレスアクセス&プッシュスタート

グレード別装着可否

◎:標準装備 X-Break、ツーリング、アドバンス、SPORT
△:オプション 街灯グレードなし
×:装着不可 該当グレードなし

キーレスアクセス&プッシュスタートは、C型から全グレード標準装備となりました!

C型より前までは、プレミアム(C型で廃盤)、アドバンスでは標準装備で、X-Break、ツーリングはオプションで装着可能でした。

ですが、ついにX-Break、ツーリングでも標準装備になったのです!

キーレスアクセス&プッシュスタートの機能

キーレスアクセス&プッシュスタートを装着すると、鍵の施錠、開錠がめちゃくちゃ楽になります。

アクセスキーなるものをポケットにいれておきさえすれば、運転席(or助手席)のドアハンドルに触れるだけで施錠・開錠ができるようになります。

「それだけか?」と思われるかもしれませんが、鍵を出さなくて良いので、乗り降りの導線がとにかく良い!

この快適さは一度使ってしまうと離れられなくなります。

口コミくん
口コミくん
付けた理由。付けなかった理由。

■付けた人の口コミ

  • もうこの機能無しには戻れません。
  • 私なら6万円以上しても是非付けたい装備です

■付けなかった人の口コミ

  • キーをひねってエンジンが始動する一連の流れが好きなので付けませんでした。

個人的なおすすめ度

今後の車には標準的な装備になってくると思います。

最近は軽自動車にも標準になってきていますし。

いや~これはやっぱり便利だよ。

★★★(最高評価)

:2019/6/9 追記

キーレスアクセスはこんなに便利!
キーレスアクセスについて詳しい記事を書いてみました!

スバルのキーレスアクセス(スマートキー)が想像以上に便利なので超おすすめな件
スバルのキーレスアクセス(スマートキー)が想像以上に便利なので超おすすめな件こんにちわ。 今日はスバルのキーレスアクセスについて書いてみたいと思います。 このキーレスアクセスは、別名スマートキーのこと...

2.8ウェイパワーシート等

新型フォレスター 8wayパワーシートとミラー

表に書くスペースの関係で”8ウェイパワーシート等”と省略してしまいまいましたが、正式には、

運転席&助手席8ウェイパワーシート+運転席シートポジションメモリー機能+リバース連動ミラー+ドアミラーメモリー&オート格納機能

です。

これらはセット装着になり、個別装着不可なのでご注意を。

スバル メーカ―オプションスバル公式サイトより抜粋(クリックすると大きくなります)

当サイトでは、名称が長いので、”8ウェイパワーシート等”と省略させていただいております。

8ウェイパワーシート等のグレード別装着可否

◎:標準装備 SPORT、アドバンス
△:オプション X-Break、ツーリング
×:装着不可 該当グレードなし

SPORT、アドバンスでは標準装備となっています。

X-Break、ツーリングはオプションで装着可能です。

8ウェイパワーシート等の機能

シート系の機能は、シートの前後や高さを電動で調整できたり、事前に記憶したシートポジションを呼び出して自動で合わせてくれる機能です。

ミラー系の機能は、バックする時にミラーが自動で下向いたり、施錠と同時にミラーを格納してくれる機能です。

あと、ドアミラーメモリーというのは、事前に記憶したドアミラーの鏡面角度を設定から呼び出すことで、自動で合わせてくれる機能です。

個人的なおすすめ度

どの機能も使ったことがありますが、シート調整ってそんなに頻繁にやるものじゃないんですよね。

このオプションは無くても良いかな。

でも、施錠と同時にミラーを格納してくれる機能が個人的に便利なんですよ。

予算的に問題なければ追加しても良いかも。

★★☆(星ふたつ)

3.パワーリアゲート

新型フォレスターパワーリヤゲート

パワーリアゲートのグレード別装着可否

◎:標準装備 該当グレードなし
△:オプション X-Break、ツーリング、SPORT、アドバンス
×:装着不可 該当グレードなし

全グレードオプションです。

パワーリアゲートの機能

パワーリアゲートは、ラゲッジに付いてるボタンを押すことで、ラゲッジのゲート(ドア)が「ウィ~ン」と電動で閉まる機能です。

閉まるまでの所要時間は約4秒で割りと高速で閉まります。

個人的なおすすめ度

パワーリアゲートは、正直必須ではないですね。

実はこのパワーリアゲートは、アドバンスで本革シートを付けると、組み合わせ上必ず付いてくるオプションなんです。

僕はパワーリアゲートは不要だったのですが、本革シートを付けたことにより結果的に付いてきてしまいました。

でも付いているとこれ便利ですね。

:2019/7/28 追記

★☆☆(星ひとつ)

★★☆(星ふたつ)

星ふたつに格上げ!

パワーリヤゲートを使ってみたらかなり便利でした。

スバルパワーリヤゲートは不要!と思いきや使ってみたら超便利なので必要だった件こんにちは。 スバルのメーカ―オプションの選択で、悩むひとつが「パワーリヤゲート」ですね。 当サイトでも、フォレスターにパワ...

4.大型サンルーフ

新型フォレスター大型サンルーフ

大型サンルーフのグレード別装着可否

◎:標準装備 該当グレードなし
△:オプション ツーリング、SPORT、アドバンス
×:装着不可 X-Break

X-Breakには装着できません。

その他グレードはオプションで装着可能です。

大型サンルーフの機能

大型サンルーフの機能は、解放感のあるドライブを実現してくれるところ。

サンルーフをいっぱいに開けることで、車内の空気も循環されて爽快になります。

車内でタバコを吸う人にもおすすめですね。

口コミくん
口コミくん
付けた理由。付けなかった理由。

■付けた人の口コミ

  • 天井が明るい、開けられる、というメリットが好きで必ず付けています。
  • サンルーフを付けているとクルマを下取り時にプラス査定になりやすいです。

■付けなかった人の口コミ

  • 直射日光で照り続けれて真夏は流石に熱かったです。
  • かなり重いので車のバランスが悪くなります。

個人的なおすすめ度

正直、不要かな~と考えます。

電気配線が天井を通るので、室内の天井高が低くなりますし。

また、重量により純粋に燃費も悪くなります。

とはいえ、「サンルーフが初めて」という人は、一度付けてみるのもアリです。

★☆☆(星ひとつ)

5.本革シート

新型フォレスター本革シート

本革シートのグレード別装着可否

◎:標準装備 該当グレードなし
△:オプション アドバンス
×:装着不可 X-Break、ツーリング、SPORT

X-Break、ツーリング、SPORTでは装着不可です。

C型から本革シートはアドバンスのみの特権となりました。

ブラウンと黒から選択できます。

本革シートの機能

本革シートのメリットは圧倒的な高級感ですね。

革というとメンテンナンスが面倒そうですが、こと車の革シートにおいてはそうでもありません。小さな子供がいても問題ないですね。

本革シート初心者のパパ・ママ必見!子供たちから本革シートを守る方法はコレ!
本革シート初心者のパパ・ママ必見!子供たちから本革シートを守る方法はコレ!僕が新型フォレスター購入時にこだわったオプションの1つが、ブラウンの本革シートです。 ブラウンの本革シートは、アドバンスのみの特権...

個人的なおすすめ度

装着している僕がいうのもなんですが、必須ではないですね。

奥さんからも、

「最も最初に見直すべきメーカーオプション」

と商談時に言われました(笑)

ただ、アドバンスを購入する方は、ブラウンの革シートの高級感と特別感は至極なので、もし予算に余裕があれば是非!

高い次元の自己満足が得られると思います。

★★☆(星ふたつ)

6.アイサイト(運転支援)

アイサイト(運転支援)のグレード別装着可否

◎:標準装備 アドバンス、SPORT
△:オプション X-Break、ツーリング
×:装着不可 該当グレードなし

アドバンス、SPORTでは標準装備です。

X-Break、ツーリングはオプションで装着可能です。

アイサイト(運転支援)の機能

アイサイト(運転支援)は、言わずと知れたスバルの運転支援システムです。

代表的な機能としては、自動ブレーキによる衝突回避、前の車についていくクルーズコントロールです。

新型フォレスターはアイサイトVer3なので、他にも多彩な機能が付いています。

こちらの記事に詳細をまとめているので参考に。

自動ブレーキだけじゃない!アイサイトの全機能についてまとめてみた!
アイサイト初心者よ集え!自動ブレーキだけじゃないアイサイトの全機能まとめ!スバルの代名詞といえば、EyeSight(アイサイト)です。 僕はこの機能が欲しいからスバル車を選択したと言っても過言ではありませ...

個人的なおすすめ度

必須といって良いです。

これ以上は何も言うまい。

★★★(星3つ。最高)

7.アイサイト(視界拡張)

グレード別装着可否

◎:標準装備 該当グレードなし
△:オプション X-Break、ツーリング、SPORT、アドバンス
×:装着不可 該当グレードなし

全グレードで、オプションで装着可能です。

アイサイト(視界拡張)の機能

アイサイト(視界拡張)は、一言でいえば「死角を減らす安全システム」です。

装着すると、

1)スマートリヤビューミラー

2)フロントビューモニター

の機能が追加されます。

この2つ、ちょっと詳細を見てみましょう。

1)スマートリヤビューミラー

新型フォレスタースマートリアビュー

ルームミラーを見た時に、ラゲッジにたくさん荷物を積んでいたり、デカい大人が後部座席に乗っていると後ろが見えないときありますよね。
(ミラーモード)

そんな時、役立つのがスマートリアビューミラーです。

車のラゲッジゲートの内側に取りけられているカメラが、後ろの様子をルームミラーに映してくれるので、荷物やデカい大人がいても影響を受けず後方の状況が確認できます。
(ディスプレイモード)

ミラーモードとディスプレイモードの切り替えは、ミラー下側のレバースイッチで簡単に切り替え可能です。

2)フロントビューモニター

新型フォレスターフロントビューモニター

駐車場から出る時などに、「ココ段差高いところじゃないよな?」とか、「フロント下に本当に何もなかったよな?」と不安になるときありますよね。

現実的には、わざわざ降りて確認せず、「問題ないだろ!」と自分に言い聞かせて発進してしまうわけですが、万が一を考えると危険です。

そんな時、フロントビューモニターがあれば、フロントグリルに付けられたカメラで前方下側を車内のディスプレイに映してくれるのです。

個人的なおすすめ度

スバルの受注データでは、アイサイト(視界拡張)は契約者の約8割が装着しているそうです。

価格.comでも、アイサイトセイフティプラス(視界拡張)を付けずに後悔している人の書き込みがありました。

安全性能の優位性を感じてスバル車を選択しているあなたには必須といって良いでしょう。

★★★(星3つ。最高)

8.ルーフレール

グレード別装着可否

◎:標準装備 X-Break
△:オプション ツーリング、SPORT、アドバンス
×:装着不可 該当グレードなし

X-Breakのみ標準装備です。

その他のグレードではオプションで装着可能です。

ルーフレールの機能

フォレスターにルーフレールを付けることで、SUVらしさがめちゃくちゃ引き立ちます。

また、洗車時につかまったりできる(笑)など副次的な便利さも享受できます。

個人的なおすすめ度

もちろん必須ではないのですが、個人的にはフォレスターに是非おすすめしたいメーカーオプションです。

このルーフレールは一度付けようか気になってしまうと、めちゃくちゃ悩むという魔物の一面もあります。

僕は注文後にルーフレールが欲しくなってしまい禁断のメーカーオプション変更を実行しています。

その時の様子はこちらの記事を参考に。

フォレスターのルーフレールの取り付け、迷ったら絶対付けた方が良い理由
フォレスターのルーフレールの取り付け、迷ったら絶対付けた方が良い理由フォレスターのメーカーオプションの1つであるルーフレール。 フォレスターのメーカーオプションはいくつかありますが、ことルーフレール...

★★★(星3つ。最高)

9.ステアリングヒーター&シートヒーター(後席左右)

ステアリングヒーター&シートヒーターのグレード別装着可否

◎:標準装備 X-Break、SPORT、アドバンス
△:オプション ツーリング
×:装着不可 該当グレードなし

ステアリングヒーター&シートヒーターの機能

ステアリングヒーターは、要はハンドルが温かくなる機能です。

そして、シートヒーターというのは、座席が温かくなる機能です。

特に冬場は握るのが嫌なくらいハンドルが冷えって切っていますよね。

ステアリングヒーターを有効化すると、数秒でハンドルが温かくなるので本当に重宝しています。

シートヒーターも強力に座席を温めてくれるので、冬場でも暖房を使わないことが多いです。

シートヒーターは後ろ席も温かくなるので、リヤシートに乗っている子供達からも大変評判が良いです。

個人的なおすすめ度

末端冷え性の僕には必須のオプションです。

何がすごいって、ONにしたらすぐに暖まるその即効性です。

本当に数秒で温かさが実感できるので冬場は本当に助かっています。

★★★(星3つ。最高)

まとめ:メーカーオプションは迷ったら全部付けろ!

ということで今日のまとめ。

  • メーカーオプションは後付けができない
  • グレードによっては付けれないオプションもある
  • 管理人おすすめは、キーレスアクセス&プッシュスタート、アイサイト系、ルーフレール

メーカーオプションはディーラーオプションと違い、納車後の後付けができません。

ネット上では、付けずに後々後悔している人が続出しています。

値引きも余り利かないし高いんだけど、迷ったらメーカーオプションは全て付ける方向で検討してみてはいかがでしょうか。

誰が言ったか、

メーカーオプション 迷ったら全部付ける

という言葉。

メーカーオプション後付けにより納車時期が大きく遅延してしまった僕は同意せざるを得ません。

メーカーオプション変更による納車遅延と車検切れの対応についてまとめてみた
メーカーオプション変更による納車遅延と車検切れの対応についてまとめてみた下記リンク先の記事でもお話ししたとおり、僕は注文後にメーカーオプションの変更をしています。 https://uplife55.co...

POSTED COMMENT

  1. ストライクルージュ より:

    メーカーオプション、決断が大事ですよね、私の場合、ルーフレールとサンルーフの屋根系はつけませんでした。ルーフレールは前車のSF系についていましたが、結局一度も使わなかったので・・・(前車では家族のスキーと私のスノボはカーゴルームに納められました)
    サンルーフ付きの車両は取得時の重量税が7,500円安くなるみたいだったので「どう?」と奥さんに聞いたら一言「いらない」とバッサリ(笑)。

    一方、奥さんの唯一のリクエストが「ブラウン本革シート」。
    私は特に思いはなく高値でしたが、奥さんが熱望していたのでここは素直に受け入れました。納車時に初めてブラウン本革シートを見て、とてもいい感じで本当に選んでよかったと思いました。
    本革シートとセットになる「パワーリヤゲート」もすごい便利。
    おそらく奥さんのリクエストがなければ「両方無し」で商談を進めていたと思うので、この要望は素直に受入ておいてよかったです(笑)

    C型、発表になりましたね。新グレードのSPORT、すごいカッコイイです。特にマフラー2本出し。ターボ派の回帰も相俟って、すごい売れそうな気がします。Advanceは予想通りあまり変わっていなかったので、B型Advance末期を買った自分としてはちょっとホッとしました…

    • uplife55 より:

      ストライクルージュさん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      ブラウンの本革シートにこだわるとは奥様のセンスすごい!

      分かってらっしゃる!

      昔はスバルの内装は微妙だなんて言われていましたが、SKフォレスターのブラウンの本革シートは至極です。

      C型になっても、ブラウンはアドバンスだけです。

      かなり質感いいですよね。

      僕は99%デニムの乗車するのですが、一万Km超えましたが色移りなしです。

      安心してお乗りいただければと思います。

      パワーリヤゲートも初めいらないと思っていたのですが、今じゃ必須ですよね笑

      C型のSPORTいいですよね!

      そういえば、僕は今、シートのギシギシ音の対策中です。

      カーブを曲がるとき等、何等かの座面での体重移動をすると「ギシギシ」と音がするのです。

      調べてみると、シートベルトの受け側からの音でした。

      ストライクルージュさんも5000Kmあたりを超えたあたりから、そういった事象が出ないかの目線でお乗りください。

      結構、SKフォレスターやVABでいるらしく、申告しない人多数だそうです。

      もし現象が出たら、これ、ディーラーにて保証で直ります。

      (多分、B型でも対策間に合っていないはず。)

      対策記事は直ったら書こうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です